メインイメージ画像

貸事務所の環境も重要視する

イメージ画像

色々な貸事務所を比較するならば、ポイントの選び方も重要で、環境をポイントに入れておかないといけません。環境とは、広さや間取りなどの建物内はもちろん、交通の便、銀行が近所にあるか、食堂はいくつかあるかなど、オフィス外にも及んできます。環境は従業員が抱きやすい不安のひとつで、これによって労働期間が短くなってしまい、採用の仕事だけにつかざるをえない社員も出てくることになり、人件費や事務処理にかかってくる支出が多額になる、という悪循環になってしまいます。事務所で使うオフィス家具を格安でお探しですか?事務所を移転する引越し費用は少しでも安価で済ませたいものです。賃貸にはオフィス家具が付いた物件も出ていますし、リースを使う方法、また、リサイクル店や格安のオフィス家具を買うやり方もあります。

ここに挙げた方法なら、移転後営業していく中で人の動きや増員に応じて配置を変えても金銭的な負担が小さくて抑えられます。中でもリースは古い家具の廃棄の労力が不要で、とても応用がききます。事務所を選ぶ場合の注意点を検討してみましょう。事務所の賃貸契約をする利点の一つに、内装設計やレイアウト設計を自分たちで設定を変えられるというところが挙げられますね。しかし、同時に大抵の賃貸契約の内容には現状復帰義務があることに注意しましょう。

この復帰義務とは、物件を契約した当初の状態に戻した上で退去することを要請するというものです。つまり、必要以上に大掛かりな工事をすると、退去の時に予想外のコストが出てしまいます。解約時の費用に留意して移転計画すると後が楽になるでしょう。事務所を借りる前に、その物件の耐震性を確認しておきましょう。

将来震災が起こる事態の対策として、高い耐震性が要求されます。耐震基準を定める法律は今までに何回か改定が実施されており、いつの時点の建築基準法に基づいた建物か調べておくことが必要です。最近は防災についての国民意識が高まっていますから、多くの賃貸業者で耐震性能に優れているという側面から物件の紹介も実施しています。命の安全は最も優先すべきですので、妥協せず事務所を選ぶようにして下さい。

賃貸事務所の賃料が気になったらこちらをクリック!→こちら