メインイメージ画像

貸事務所には多様なサービスが提供されている

イメージ画像

条件に合った貸事務所を比較して決めていく選び方をしていると、多様なサービスが提供されているのに気が付くことでしょう。また、そのサービスの中身は、比較のときに、エリアや賃料などに負けるとも劣らないほどのかなりの条件になり得ます。代表的なサービスといえばレンタルサービスになります。これは従来からある机や椅子はもちろん、パソコン関係、電話などが一般的なレンタルでしたが、最近では、レセプションや秘書、電話応対まで人的サービスを活用可能だというのです。事務所の配線工事を行うのに気をつけるべきなのは、契約完了後にしか工事ができないというところです。

従って、契約開始後、配線工事が済むまではその事務所では仕事が出来ないというわけです。この場合、事務所の配線工事が終わるまで、旧事務所と次の事務所の賃料を共に支払わなければならないため、大変な負担が生じます。このような場合、フリーレントと言って、契約開始後2,3ヶ月は賃料無料という事務所にすると二重に家賃支払を回避できます。事務所に引っ越す際には、見積り比較を必ずすると良いでしょう。事務所を契約するには、礼金や手数料など以外にも、外観や内装変更の施工、ネット回線の移設など大変な工事も必要になります。

従って、どの下請業者を採用するか次第ではイニシャルコストに大きな差が生じるのです。いくつかの業者へ見積依頼をしたら、コストと工事内容を検討して、最も良い工事業者に発注を決めるのが良いでしょう。不動産業者によって業者の指定がありますから注意しましょう。事務所を使っていて更新時期を迎えるときの注意点を確認しておきましょう。

同じビルに続けて利用をしたいなら、前広に自動的に契約更新されるか、更新の事前連絡が必須なのかチェックしておきましょう。契約更新では一般的に、毎月の家賃とは別個に更新料や契約事務手数料を払います。不動産業者によるでしょうか、約2ヶ月程度の賃料の金額であるケースが多いようです。それと、契約を更新する時には次の更新までの期間の賃料の金額の変更が法律で認められているので、家賃が変わっていないかチェックしておくようにしましょう。