メインイメージ画像

貸事務所を選ぶ際に考えられるメリット

中心部で貸事務所を選ぶときの条件で、どこまでのメリットが考えられるかというと、金銭的にも物質的にも移動が容易であることが最大のメリットだと思います。自社ビルを取得するとなると、もちろん、そのビルを買うということですからかなりのお金がかさみますし、固定資産税を毎年払い続ける必要があります。逆に、貸事務所であれば賃料はありますが、固定資産税というような税金は関係ないですし、建物の修繕といったものもありません。物理的にも、より良い場所へ動くことがすぐにできるのも大きなメリットと言えます。事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。

  • 所有物件の貸し出しについて
  • 昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。事務所に入居する時の費用にはどういう種類があるでしょうか。

    イメージ画像

    敷金や礼金、仲介料などは一般の住居用賃貸物件と同じです。事務所で特有の費用としては、他の入居者やビルのオーナーに損害を与えたケースに備える賠償保険や賃料滞納に備える賃貸保証に関する費用が考えられます。他に、社名や住所の看板など、外装を変える必要があればその工事コストも見積もりが必要です。物件によっては請負業者が指定されていることがあるので注意しましょう。事務所の引越をするにあたり、留意点をおさらいしておくと後が楽になります。

    事業所の引っ越しで最も注力が必要なのはスケジュールのアレンジと言えます。事務所を引っ越すには実行しなくてはならないことが山積みです。今の物件の解約から始まり、レイアウトの設計、内装の変更、回線等の移設、リース備品の手配、顧客への案内、印刷物の差し替え、サイトの住所変更、移設業者との打ち合わせなど大変な労力がかかります。そのうちのどれか一つでもスケジュール通りに進まないと次の作業に遅延が出てくるため、早めの日程で引越を進めましょう。