メインイメージ画像

貸事務所の契約の際にかかる移転費用

次の貸事務所の契約の中で移転費用はどれほどかかるものなのでしょうか。貸事務所の賃料や保証金というもののほかに、移転になると貸事務所の移動という仕事があります。小さな会社でしたら、社員のみで作業することも可能かもしれませんが、引越し業者などにお願いするなら、いくらかのお金がかかるはずです。最初に5,6個の会社から概算をもらって比べてみるべきです。それから移転挨拶状の用意や印刷、名刺の刷り直しなど紙関係にかかる費用も侮れません。事務所を利用するなら、貸し会議室も利用すると効率的です。

  • 東京都内の貸し倉庫について
  • 事務所にミーティングルームがあるのが便利ですが、使用しない時間も結構長いですよね。あまり使わない場所に高いコストを支払うのもあまり好ましくないとも言えます。このような場合、貸し会議室を利用するとベターです。貸し会議室には一般的にプレゼンや作業に使う設備やネット回線が備えられており、しかも時間単位で、事務所より断然低費用でレンタルできます。使う時間だけ貸し会議室を借りれば大きなコスト削減が可能です。事務所選びで最も大事なのはその立地条件と理解しておいて良い理由を考えてみましょう。

    イメージ画像

    新しくビジネス展開を始める場合、まずクライアントを増やしていくことが肝心でしょう。したがって、なるべく沢山の人の注目を集め、交通の便が便利な立地であれば、新たなお客様をより一層引き込みやすいと言えます。しかも、事務所の最寄り駅や場所の名前によって、あなたの会社の印象も変えられるのです。これを利用すれば、HP経由でユーザー獲得したい場合にも効果的です。負担の少ない賃料の範囲でできる限りよい立地を探すと良いでしょう。

    事務所にかかる最初の費用にはどのようなものがあるでしょうか。敷金・礼金・仲介料については通常の住居用の賃貸物件と変わりません。事務所で特有の費用には同じ建物の他の入居者ビルの大家に損害を与えた場合に保障する賠償保険や家賃延滞に関する賃貸保証料の費用が考えられます。他に、社名や住所の看板など、エクステリアを付け替える必要があればその外装コストも見込んでおきましょう。物件の大家によっては工事請負先が特定の業者に限定されていることがある為オーナーに問い合わせてみましょう。